永代供養を知るために

永代供養を知るために

こちらのサイトでは、永代供養のことについて取り扱っています。
例えば、後々に負担がかかるのかどうか、なぜ永代供養が増えているのかなどについて解説をしています。
これまでお墓のことについて考えたことがない人であっても、いずれはなくなりお墓に入ることになります。
そのため事前に知識を入れておくことは重要ですが、こちらのサイトではその情報を手に入れることができます。
ぜひ、チェックしておくことをおすすめします。

永代供養の後々にかかる負担とは?

永代供養の後々にかかる負担とは? 永代供養は、共同墓地などに他の人と合祀されて、そこで供養を永代にわたって受けられるものです。
永代供養は、一度費用をしはらえば、あとで費用を負担しなければならないということは有りません。
つまり、たとえ承継者がいたとしても、その人たちが管理料を負担することはないわけです。
永代使用料の場合は、一度だけ払えばよいですが、別途管理料がかかります。
また、承継者がいない場合や、いても遠方に住んでいる場合には無縁仏となってしまいます。
その点、永代供養であれば無縁仏とは有りませんし、遠方に親族が住んでいる場合でも、管理の負担を軽くすることができます。
そのため、後継者がいない場合だけではなく、遠方に住んでいるという場合にも選ばれます。

継承の心配がいらない「永代供養」の安心さ

継承の心配がいらない「永代供養」の安心さ 永代供養には様々なメリットがありますが、継承の心配がいらないという安心さも永代供養のメリットです。
通常のお墓を利用すると寺院側はお墓の管理はしないので、自分達で暮石だけでなく納骨した遺骨の管理まで、全てを管理しなければならないです。
その点ではお墓を建立した当事者だけでなく、当事者の子孫もかなりの負担を考えておかなければいけないです。
しかし永代供養を利用すると通常のお墓とは違い、日常的な遺骨の管理や墓跡の管理は全て寺院側が管理を行うので、その分利用する遺族は通常のお墓を利用する時と比べるとかなり楽に済みます。
通常のお墓の場合、管理する人が交代したら寺院に交代した事実を伝えないといけない場合がありますが、永代供養の場合には寺院側が管理するので、基本的には寺院側への報告は必要ないです。
こちらのサービスを終了する際には寺院側から終了する場合と、自分達から終了する場合があります。
寺院側から終了する場合には寺院の化儀に沿った形で合葬するので、安心して供養する事が可能です。
自分達から終了する場合には遺骨などの移動が必要になりますが、法律的な手続きなどは寺院側が状況に応じて適切なアドバイスを行うので安心です。

おすすめサイト

一般財団法人全国福利厚生共済会 新卒採用に関する求人・転職情報 | マイナビ転職>

新着情報

◎2018/2/20

永代供養のリスク
の情報を更新しました。

◎2017/11/20

永代供養にかかる費用とは?
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

永代供養を求める人の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「供養 寺」
に関連するツイート
Twitter

【京都・清凉/阿弥陀如来及両脇侍像(896年)】嵯峨天皇の皇子であった源融(822年 - 895年)が、生前に阿弥陀三尊像の造立を発願したが果たせず、その息子が没年の翌年に造立供養したもの。 pic.twitter.com/w5pugI8oWe

【群馬の神社仏閣】浅間山観音堂(嬬恋村) 鬼押出し園内にある寛永別院で、本尊は聖観世音菩薩。天明3年(1783年)の浅間山大噴火の犠牲者を供養し、厄除け観音として崇敬されています。 pic.twitter.com/hnsRmntcom

Twitter坂原弘康(群馬の神社仏閣)@sakaharaG

返信 リツイート 26分前

「亡父の法要」と言っても父親ひとりだけでなく、同に永代供養を頼んだ家が集まった合同法要で、事前にはそのやりかたはどうなの?と思うところはあったのだけど、出席してみたらそんなに悪い催しではなかった。各家を個別にケアしてたらキリがないしね。

川越市にある最明は北条時頼殿が創建しました。この地には私の同母兄である栄実(千寿)が落ち延び、瑶光房道円と名を変えて草庵を結びながら生活していたという話が伝わっています。時頼殿は兄上に会い、その様子を気の毒だと思って源氏供養のために建てたのがこのおだそうです。

【らんぼっと】私の墓所のひとつ京都の阿弥陀。織田家と縁深く殿と信忠様の墓の他、本能闘死者百余名が供養されてます。秀吉公に領縮小された後は森家が庇護を続けました。6月の信長忌には殿の木像が公開されます。

明日は、鎌倉のおで行われるペット供養祭に行ってきます。我が家のニャンコ2匹がそこで眠っています。年に2回やっていますが、何回行っても厳かな気分になれますわ。

返信先:@aina_BiSH ハシヤスメの怨念がこもってそうですからちゃんとお供養したほうがいいですよ

このあと供養してから燃やすのかな

Twitter珍宝亭モモンガ@headspin2451

返信 リツイート 54分前

三連休最終日。 午後から、ふらりと彦根の天寧へ🚗💨 井伊家ゆかりのおで、五百羅漢堂や木像日本一の布袋尊、井伊直弼公供養塔など、見応えありました😌✨ また、お庭からは彦根の街が一望でき、遠くに彦根城も🏯✨ pic.twitter.com/0ygyDIFvBS

【大龍】 だるま観音とも呼ばれ、境内には約5mの達磨大師坐像が安置されており毎年1月中旬になると両目がかかれだるま供養が行われます。 庭園・裏山には1200本のドウダンツツジが植えられており、春には白い花、秋には深紅の紅葉が見事です!

Twitter岐阜県の案内人・重矩くん@nge_13

返信 リツイート 22:51